with P.C.N&M

トイプードルホワイトのプリン レッドのココア シルバーのナッツ3ワン&Mの平凡な毎日(^^;)
トイプードル
ホワイトのプリン レッドのココア シルバーのナッツ
3ワン&Mの平凡な毎日(^^;)
今日のプリンさん

今日のプリンさん

エリカラ着けたまま寝ちゃったよ(^^)
スイカ柄と言うだけで
何となく買ったエリカラが役に立って良かった。

先生のお話は...
プリンは高齢犬なので 内臓への負担を考慮すると
使える薬&点滴が限られてしまう。
なので凄く効果があるとは言えないけれど
目薬と消炎鎮痛剤で 一週間様子を見ましょう。
凄く痛がったり 次の診察で眼圧の下がりが悪い場合
眼に針を刺して 房水を抜く方法もあるそうで。
(前に落ちた水晶体が隅角を塞ぎ 房水が溜まるから
眼圧が上がるので)
他の外科的処置は
落ちた水晶体を取り除いて 人工の水晶体に変える。
若ければ これが一番良い方法らしいけれど
高齢犬は麻酔時間や術後の投薬で
腎不全を起こす危険性があるのでお勧めできないと。
で、プリンの体に一番負担を掛けずに
眼圧を下げ痛みをとる方法は 眼球を摘出する...らしい。
もう涙を堪えるに必死だった( ノД`)
今は光を感じる程度でほぼ見えていないので
見えない眼を残して痛い思いをするなら
犬的には眼が無い方が楽かと。
眼を残したい 可哀想は飼い主の思いであって
プリンは痛み無く穏やかに過ごせる方が幸せなのか?!
言葉が話せたらいいのに。

と言う内容だったけど
高齢犬なので出来れば眼をいじりたくないので
ある程度まで眼圧が下がり
本犬も我慢できるくらいの痛みであれば
それを維持できるのが一番良いです...と
仰ってました。

先生には言わなかったけれど
最初の3日間は 消炎鎮痛剤が出て
調子が良くなってきて
4日目からステロイドに変えたら
5日目に眼圧が上がってしまったので
何となくステロイドが関係ある気がするのだけど。
記憶が曖昧だけど(情けない(T∇T) )
ステロイドの方が水晶体を落としやすくする作用も
期待できる...みたいな説明だった気が。
しかし 昨日の診察ではまだ前のままでした。
右目のように 水晶体が後方に落ちなくても
眼圧が上がらず 痛みも出なく
問題無ければそれでもいいのに。
やっぱり獣医によって治療法も考え方も違うから
セカオピも考えておこう...と思いました。
(2年前にお世話になった眼科はすぐ予約が取れず
今回は違う眼科に来ています)

あ、プリンさんのお洋服 脱がせる時に眼を擦ると怖いので
ずっと同じの着たままです。当分シャンプーもNGです(;O;)